しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み

自身の名称はしょうた(40年齢)。オタクで薄禿デブの親仁おじさん。
四畳半のぼろ住宅に住む、侘しい一人暮し身の回りです。好みはちょいちょい風俗に伺うくらい。
おや、どうしてこんなことになった……。
四六時中事例を悔やんでは涙していらっしゃる。それもこれも、大好きだった彩夏お姉ちゃんが15階層前に自身を投げ棄て、結婚したせいです。自身を可愛がってくれてたのに、いつの馬の骨とも分からぬパパの部下へ赴きやがって……。
事例へ戻りたい……そういった自身の痛切な思いはある日、突如叶った。
「ここは……?」
昼前、起きたら見知らぬフロアだった。いや、違う。ここは元、自身が住んでいたマンションの子供部屋です。
「しょうくーん?入るよー?もしや昨今起きたのかなー?」
「彩夏お姉ちゃん!?」
セーラー服に身を包んです彩夏お姉ちゃんが、当時そのままの陰で立っている。おまけに自身も鏡を見ると小さい頃の陰に戻ってる!?
これは……局面じゃね?小さい頃の陰で当時の、いまだに結婚してない彩夏お姉ちゃんに近付ける。やりたい放題じゃねーか!
「見てみて、お姉ちゃん!」
「ひっ!?」
「でかくなった勃起陰茎を見せ付ける。僕のオチ○チン、でかくなっちゃったよぉ。なんとかして?」
にっこり笑う自身。お姉ちゃんは――
煙ハクとチンジャオ女の子による、寝取り製品ですね。
おねショタ博士必見!だ。十中八九?いえ、あらすじを見て戴いても分る行き来、しょうたは40年齢のオジンなので、詳細はおじさん、仮面は幼子なので、おねショタといっていいのか微妙なんですよ。
でも、しょう君の陰でエッチやる景色が手広く、お姉ちゃんも幼子に奉仕している雰囲気なので、おねショタですね。うん、非常に暴走できると思います。
公園の便所に黙殺レクリエーションされたり、ビニールジムで羞恥レクリエーションされたり、果ては浜で野外セ○クスしたりといよいよやりたい放題なしょうた。醜いオジンだけど、強敵麗しい進化ばかりで、見ててドキドキして生じる状況確実。
殊に、一生彩夏お姉ちゃんが結婚する相手、過去の段階ではまだまだ彼氏ですらないのですが、その相手に見せる様にエッチ始める進化は再び最高です。
ってネタバレになるのできつくは書けませんが、寝取られが好きな方には非常に向いている品物でしょうね。純愛?糞食らえ!ってような心意気を感じます。
一方で図説や性質も安定してますよね。しょう君の幼子ご時世はかわいく、オジンはカギく、お姉ちゃんは素晴らしくで。どうしてもまた続編を出してほしい品物。
滋賀県の不倫調査